MHD-FOUNDERご挨拶

初めまして、MHD-FOUNDERの中村昭です。

 

当塾へ関心を持っていただき大変うれしく思います。

 

MHD男塾&女塾は

【平成の松下村塾】と言われております。

ただ、実際の当塾の使命と役割は

今の時代において、

当時の松下村塾より

もっと大きな使命と役割を担っていると

自覚しています。

 

MHD男塾&女塾とは・・・クリック!

●入塾費無料!

●e-learning講座受講料 無料!

共に、完全無料で学べる

「人格教育システム」です。

 

まずは、以下の映像及び内容をご確認下さい。

 

<生き方の提案>

 

MHD-FOUNDER プロフィールはこちら

 

 

 

 

 

 

設立目的(本当のきょういくとは?)

講座カリキュラムの特徴(完全無料の理由)

e-larning 講座「SIN究極5コース」特徴

 

30年前、

「教師になりたい!教育を変えたい!」との想いで

大学進学のため上京しました。

その道に一切の迷いはありませんでした。

夢と希望とワクワク感しかありませんでした。

 

しかし、実際の教育現場を経験した時、

‘理想と現実の大きなギャップ’を実感し、

「ここに入ったら、自分が自分でなくなる」と

直観的に悟り、教師の道を断念しました。

 

人生における最初の挫折感。。。

 

「私は何のために生まれてきたのか?」

「この先、どう生きていけばいいか?」

「私の生きている意義や価値、役割は何か?」

「男として生まれてきたことに意味があるのなら、

具体的に何をし、何を守っていったらいいか?」

等々、

ずっと考え続けてきました。

 

そして今から約25年前に、

その答えを得ることが出来ました。

 

人生観・価値観が一気に変わりました

 

自分の甘さも知りました。

 

 

2011年3月11日・・・

私はたまたま福島県須賀川市の実家に帰省中でした。

震度6強の震災を実体験してきました。

 

約3週間もの間、関東に戻ることができず、

この体験から、

さらに今までの一切の常識、価値観、既成概念が

取っ払われました。

 

「人生において何が一番大事なのか?」

多くのことを改めて気付かされました。

 

今、日本は間違いなく

未曾有のサバイバルの時代が到来しています。

ややもすると、

お金自体が

単なる“紙切れ”同然になってしまうことも

現実化しています。

 

もう楽観視するには無理が出てきており、

現実を冷静に直視せざるを得ない状況下です。 

 

そんな中で改めて考えました。

 

「私」の役割。。。

 

この「MHD男塾&女塾」を通じて、

多くの方のお力をお借りして

自らを律し、自立でき、

国の発展のためにお役に立て、

サバイバル時代を力強く引っ張れる

多くの若き人財を輩出すること』

 

お金を何に使うことが

日本の将来に価値を生むのか?

 

最終的にその答えが

人格完成者を増やすための人財教育への投資だと痛感しているのです。

 

どうか、当塾の存在主旨をよくよくご理解いただき、

これからの日本を、世界を背負って立つ若き皆さんのご参加を

心よりお待ちしています。

 

【平成の松下村塾】

として、時代の価値を築いて行きましょう。

共に学び、世の中を変えていきましょう。

 

以下クリックし、当塾の詳細をご確認下さい。

設立目的(本当のきょういくとは?)

講座カリキュラムの特徴(完全無料の理由)

e-larning 講座「SIN究極5コース」特徴

 

●入塾に関するお問い合わせ ⇒ こちらをクリック!

 

●入塾申込み希望の方 ⇒ こちらをクリック!

 

 

2011年11月12日

 

MHD男塾&女塾

FOUNDER

        中村 昭